内容が充実した社員研修って?

幅広く学べる研修が良い

内容が充実している社員研修は幅広く学べる研修だと言っても過言ではありません。敬語などビジネスの基本に関する研修はもちろん、マネジメントスキルやメンタル強化まで学べると一皮むけた社員へと成長できます。全ての会社がこのように幅広い研修を実施できる訳ではなく、やはり限りある予算の中で実施しなければいけません。なので何かに特化した研修の実施が現実的で、幅広い研修で宿泊などが伴えば更に多くの経費がかかります。 ただ、社員研修で幅広く学べなかったからと言って社会人生活が不安定になる訳ではありません。むしろ社会人生活を送る中で学べることも多いので社員研修が全てと考えるのは良くないです。不十分だと感じる部分は自分でも学習を進める姿勢も大切です。

他社合同の社員研修も良い

社員研修で、最も内容が充実していないのは座学のみで基礎や業界など基本的なことを学ぶだけのものです。学校の授業のように受け身な方法では社員が自ら考える機会がなく、ボーっとしているだけで研修が終わってしまう可能性があります。せっかく貴重な時間とお金をかけているのに、それがダイレクトに結果に結びつかなければ実施した意味がありません。 そこで、社員研修には多くの刺激を与えることが大切です。ディスカッションなど社員の頭を使わせるのはもちろん、他社と合同で行うと更に刺激が発生します。初めて顔を合わす人と経営の深い話などを展開すると知識はもちろんコミュニケーション能力もアップします。縁ができて将来的に取引関係になるかもしれません。